2015年5月31日

アヴェーナ・デ・カストロ

Avena de Castro
(1919 – 1981)

Avena Castro

アヴェーナ・デ・カストロ

 
二つの疑問がありました。
 
一つ目。
言うまでもなく「ジャコーの降霊」はアヴェーナ・デ・カストロが残したショーロの名曲です。
ジャコー・ド・バンドリンとのアルバム制作中にジャコーが急死 (1918-1969)し、その後数日間でこの曲を作ったと言われています。
 
この曲名が前から気になっていました。
それは”Evocação A Jacob”なのか”Evocação De Jacob”なのかということ。
1969年に発表されたアルバムでは”Evocação A Jacob”となっているようです。
(僕はこのアルバムを持っていないので断言できないですが)
 
ユーチューブやサイト上では四割近くが”Evocação De Jacob”表記になっていて、この違いについて本人や誰かが言及している文章を見たことが有りません。(この事はもうどうしようもない位の常識問題であって、単に僕が見落としているだけかも知れない)

 
でも気になる。
辞書を見ると”A”は目的地、分離、”De”は起点、所有の意味と説明されています。
では”Evocacao A Jacob”ではアヴェーナがジャコーに憑依し、”Evocação De Jacob”はアヴェーナにジャコーが憑依するのか。
第一同じ曲だし。
語感からは、A→Deはあっても、De→Aは無さそうな気がする。
疑問は未だ解決していません。(解決って?)
 
写真のアヴェーナが抱えているのはチター。
起源はギリシャ時代、その系譜は日本の琴にも及ぶらしい。
アルプス近辺の東欧、ドイツ言語圏では民族楽器扱いで、ブラジルには彼たち移民の手によって19世紀後半から20世紀前半にかけてもたらされました。
 
彼たちの多くはブラジル南部に住み、サンタカタリーナ州サン・ベントではドイツ・チター・バンド” Deutscher Zithermusik Bund”が結成され、隣のリオグランデ・ド・スル州やパラナ州内のドイツ系移民の町々を演奏して回ったと伝えられています。
 
であればリオデジャネイロに住むアヴェーナ・デ・カストロというラテン系(らしい)の少年との接点はどこかと言うのが二つ目の疑問です。
ブラジルのチターサイト運営者のエンヒッキ・メナリン氏に問い合わせても分からないとの返事でした。
ところがそれより数年後、氏よりブラジリアで出版されたある書籍に関連情報が記載されているのを見つけたとの連絡がありました。
この本によるとアヴェーナと弟ウンベルトは陸軍学校に就学中、音楽の先生で且つ一生の友人になる人物と出会います。
 
それがカルロス・チルです。
チルはドイツ系の移民で音楽院出身。クラシック音楽の教員資格を持ちチターの演奏者でした。
幸運にも二つ目の疑問は解決しました。
チルについては、アレシャンドレ・ピント著作「オ・ショーロ」(1936年出版、邦題「ショーロはこうして誕生した」)にはカツロ・セアレンセの伴奏をしていたとの逸話と共に登場しています。
 
アヴェーナは陸軍学校在学中、既にチター奏者として注目されていましたが堅実な道を選びます。
経理学校で資格を取得し、為替公社に最初の職を得ました。その後ミナス、リオと住居を変えますが全て経理マンとのしての移動。
1960年新首都ブラジリアの建設会社の財務スタッフとしてこの開発途上の町へ移ります。
多くのショーロ・ミュージシャン達もこの新しい都市へ移りました。
 
並行して音楽活動も続けています。
50年代にはクラシック畑のチター演奏者として知られていましたが、本人はエルネスト・ナザレ曲をチター向けにアレンジをして以来興味がショーロに向かいます。
1953年から54年にかけカニョットの”Abismo de Rosas”、ゼキーニャ・デ・アブレウの”Branca”“Tardes de Lindoia”を録音しました。
 
69年ジャコー・ド・バンドリンと共に制作していたアルバムは完成前にジャコーが急死したことで奇しくもショーロの歴史の一部になりました。
「ジャコー・ビッテンコルチの思い出」と題して発表されたこのアルバムのアナクレット・デ・メデイロスの”Tres Estrelinhas”がジャコーの最後の録音とされています。
文頭の”Evocação A Jacob”はこのアルバムに入れられ、その後何人ものミュージシャンにより再録されています。
 
アベーナは今も続く「ブラジリア・ショーロ・クラブ」の創立者(1977年9月9日設立)の一人であり初代の理事長に就任しています。
 
堅実な経理マンの道をどこで間違ったのでしょうか。
 

Thanks to Sr.Henrique Menarim

 
 

 Evocação de Jacob

 

参考:Dicionario Cravo Albin da Musica Popular Brasileira
História do Choro – Capítulo 52 – Avena de Castro
o Clube do Choro de Brasília HP
www.citara.mus.br/citara-brasill
A Velha Guarda do choro no Planalto Central por Ana Lion,Sebastião Rios e Marcelo Feijó
“O Choro”(ショーロはこうして誕生した) por Alexandre Pinto

 

2016 May

 

「ショローンとその時代」目次へ

 

「ショローンとその時代」目次へ

error: Content is protected !!