作曲家列伝 

彼らの生んだショーロスタンダード





Garoto




Garoto(ガロート (坊や))

(本名 Anibal Augusto Sardinha)
(1915 サンパウロ - 1955 リオデジャネイロ)


天才少年ガロート





ガロートは、指で弾く弦楽器なら何でも出来たと伝わっています。ギターを始め、テノール・ギター、バンジョー、エレクトリック・ギター、チェロ、ウクレレ、ポルトガルギター、カバキーニョ、バンドリン、そしてピアノも弾きこなしていました。

ガロートは音楽一家の出です。
父親はポルトガル・ギターを弾き、兄弟はそれぞれ、バンジョー、ギターとボーカル。
彼以外はすべて、ポルトガルで生まれたポルトガル移民一家でした。

11歳までには兄弟たちからバンジョーを習い、37年、サンパウロ芸術学校に入学して和声と作曲を学び始めましたが、ここは長続きしませんでした。

39年、カルメン・ミランダのバックバンドBando da Luaとして(ポスターにはカルメン・ミランダ、ガロートそしてバンド・ダ・ルアと表記)、渡米しました。
この期間(39年10月-40年7月)は、短くとも彼に大きな影響を与えています。

当時のアメリカは、パリに代わる芸術・文化の発信地になっていました。
39年当時、例えば、コールマン・ホーキンス、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、そして「世界一(ウディ・アレンいわく)」のジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト等のミュージシャンが活躍していました。

帰国後、43年から52年に渡ってハダメス(Radames Gnattali)と共に働き、また51年には シキーニョ・ド・アコーデオン(Chiquinho do Acordeon)ファファ・レモス(Fafa Lemos)と、トリオ・スルジア(Trio Surdina)を結成しました。
このトリオは、ギター、アコーディオン、バイオリンという珍しい編成で、53年に録音したアルバムDuas Contasでは曲・詞共にガロートが担当しています。

同じ年、ハダメス作の「ギターとオーケストラのための協奏曲2(Concertino no 2 para violao e Orquestra da Camara)」が、リオデジャネイロの市立劇場で演奏され、ガロートは同劇場での最初のギター演奏者となりました。

その2年後の55年、ガロートは39歳で世を去りました。

参考:musicosdobrasil



作品



緑字はユーチューブにリンクしています。