作曲家列伝 

彼らの生んだショーロスタンダード





ジョアン・ペルナンブコ (Joao Pernambuco)

本名 Joao Teixeira Guimaraes (1883-1947)



Joao Pernambuco

歌詞:Catulo da Paixão Cearense

Ai que saudade do luar da minha terra
La na serra branquejando
Folhas secas pelo chao
Este luar cada cidade tao escuro
Nao tem aquela felicidade
Do luar la do roca

Nao ha, oh gente, oh nao
Luar como este do sertao
Nao ha, oh gente, oh nao
Luar como este do sertao





故郷の月は
丘に浮び
落ち葉は白く光る
この町の月は何を照らす
故郷に残してきた幸せを
丘に浮かぶあの月は覚えているのか

想うは
あの月の夜
友よ、聞いてくれ
セルタンの月の夜のことを

(貝塚正美訳)




ギターの詩人 ジョアン・ペルナンブコ



ブラジルが大西洋に向かって東に尖がった部分の地方は、セルタン(Sertao)と呼ばれています。

バイア州の上のペルナンブコ州から、セアラ州まで、暑くって、乾いていて、貧しくて、何にも無く、そこの男達は、なめした皮で出来た平べったいハットを被り、タバコの脂で真っ黒になった歯を見せ、馬に乗って痩せた牛を追う、そんな所です。

この地方の言い伝え(By Guimaraes Rosa)によると、「神がセルタンの地にに降り立った時、右手に銃を持っていた」と言います。
それ位、乱暴で、単純で、悲しい地です。

Lampiao e Maria Bonita

1920年代30年代には、カンガセイロ(Cangaceiro)と言うブッシュに住む武装グループが州政府(と言うより、伝統的な大土地所有者コロネル達の代表であるところの)と争っていました。
(一番有名なカンガセイロは、ランピオン(Lampiao)と言います。彼の妻は、マリア・ボニータ(Maria Bonita)と呼ばれ、「イパネマの娘」に次いで有名なブラジル女性です。(?))


個人的には、セルタンはブラジルの魂の地であると感じています。
映画の「セントラル・ド・ブラジル」で、バスの窓に映っていたあの黄色な風景。
丘陵をうねりながら進むアスファルトの道路から見ると、遥か東に真っ白な丘が続いており、聞けばそれは、海岸の白い砂山とのこと。
道路わきには、岩とサボテンが乾いた地の墓標のように並んでいます。


ジョアン・ペルナンブコは、そんなセルタンのペルナンブコ州、ジャトバ(Jatoba 海岸線より500キロ位奥地)で、ポルトガル人とインディオの間に生まれ、(これはサンパウロ州奥地からミナスジェライス、バイアを通して、珍しいことではなく、カイピーラ(Caipira)等、その混血をそれぞれの地方独特の呼び名で呼んでいます。)
そしてその町でストリートミュージシャンの演奏を見て、聞いて、ギターを覚えました。

1904年にリオに移り、そこで6年間、鍛冶場で働いていました。
1908年頃には、既にショーロ・ミュージシャンとして名も上がり、11年には、ブラジル史上最もレコード化された回数の多いルアール・ド・セルタン」(セルタンの月夜  by Marlene Dietrich)が作曲されています。
友人に、いつも故郷の思い出を語るので、いつか、その名に故郷のペルナンブコを付けて呼ばれるようになりました。

鐘の音 (Sons de Carrilhoes)では、セルタンの田舎の教会で鳴る鐘の音が聞こえてきそうです。

ピシンギーニャやドンガ(Donga)とも友人になり、グループ、オイト・バツータスにも入っていたりしました。(パリ公演の前に抜けています)



ミュージシャンの証言集

ビラ-ロボス (Heitor Villa-Lobos)
バッハもジョアン・ペルナンブコの作品を自分のものだと署名するのに躊躇しないであろう

マウリシオ・カヒーリョ(Mauricio Carrilho)
ジョアン・ペルナンブコにお世話にならなかったブラジルのギタリストはいない

モーツアルト・デ・アラウジョ(Mozart de Araujo)
ギターにおける ナザレだ

ハファエル・ハベロ(Raphael Rabello)
(鍛冶屋の?)ナザレだ

ビラ‐ロボス
ジョアン・ペルナンブコは、ブラジル人がギターを弾く為のルールブックだ



故郷のペルナンブコ州の州都ヘシフェ(Recife)に、市立ジョアン・ペルナンブコ芸術学校(Escola Munincipal de Arte Joao Pernambuco)があります。(作曲家列伝の目次のページに写真を掲げています)
そこの校史に、「1947年10月16日、彼のギターは音を鳴らさなくなった。」とあります。




参考 Agenda do Samba Choro,Choro music

Escola Municipal de Arte Joao Pernambuco




作品




dengoso




&show(): File not found: "s_joaopernambuco.png" at page "joaoperunambuco";

緑字はユーチューブにリンクしています。