2018年1月17日

ショローンとその時代

ショローンとその時代

(まだ工事中です)

2011年の始めカヴァキニスタのだいどうじさかえさんより「ホーダ・デ・ショーロでよく演奏される曲の作者を紹介をしたらどう」と10人程の作曲家の名前のリストを受け取りました。
「なるほど」と返事はしたものの実は僕もよく知らない。
それから手探りで一人ずつ調べてやり40人を超えた辺りでブラジルのギタリストに自慢した所、1936年にリオデジャネイロで出版された「オ・ショーロ」の存在を教えられました。
後年このアニマルの本を翻訳出版することになるのですが。

2017年の暮、海外からの不正攻撃でサイトがダウンした後、残っていた原稿を探し出して加筆校正しています。以前とは文章が異なっていること、中々再工事が進まぬこと、予めご了承ください。

2018年正月
貝塚

「こうしてショーロは誕生した」(オ・ショーロ)彩流社リンク

 

A

Anacleto de Mediros (アナクレット・デ・メデイロス)
Andre Correa (アンドレ・コレア)
Armando Neves (アルマンド・ネーヴェス)

B
C

Canhoto (カニョート)
Canhot da Paraiba (カニョート・ダ・パライバ)

D
E

Erothides de Campos(エロティデス・デ・カンポス)
Eavandro do Bandolim (エヴァンドロ・ド・バンドリン)

F
G
H

Henrique Mesquita (エンリッケ・メスキータ)

I
J
K
L
M
N
O

Otavio Dutra(オタヴィオ・ドゥトラ)

P
Q
R
S
T
U
V
W
X