2018年2月15日

アナクレット・デ・メデイロス

アナクレット・デ・メデイロス
Anacleto Augusto de Medeiros
(1866-1907)

 

消防隊楽団(Banda do Corpo de Bombeiros)で有名なアナクレット・デ・メロデイロスです。
リオデジャネイロとニテオリ市に挟まれたグアナバーナ湾に浮かぶ小さな島パケッタ島で生まれ、そしてそこで亡くなっています。
アナクレット(Anacleto)と言う名前は聖アナクレット(第3代カトリック教皇AD76-88)から採られ、母親は解放奴隷でした。

当時の軍事施設はすべて音楽隊を運営していました。アナクレットは9歳でリオデジャネイロ軍需工場内学校に入学し付属楽隊でピッコロを習いました。

1884年18歳になると生活のため政府の公報局に就職しタイプライターを習い始め、また同時にリオデジャネイロ音楽学校(Conservatorio de Musica 現在の国立リオデジャネイロ大学音楽学部)入学しました。
同僚にはフランシスコ・ブラガ(Francisco Braga ブラジル国旗(Hino a Bandeira)の作者)がおり、教授陣では、ジョアキン・カラッド、ジョアキン・ジアニーニ(Joaquim Giannini (作曲))、 カルロス・デ・メスキータ(Carlos de Mesquita (和声))、デメトリオ・リベロ(Demetrio Rivero (バイオリン))等が居ました。

この公報局在職中に、少年達を集めゲッチンバーグ音楽クラブ(Clube Musical Guttemberg)を結成しています。
86年にクラリネット演奏者として公式に認定され、1887年音楽学校を卒業しました。
この頃には様々な吹奏楽器をマスターしていましたが一番得意なものはソプラノ・サックスでした。

在学中から故郷パケッタ島のバンドを集め、 パケッタ島民リクリエーションクラブ(Sociedade Recreio Musical Paquetaense)と言うバンドを創設し、教会のお祭りやパーティーの為に作曲をしていましたが、卒業の年にはコンスタントに、ワルツ、ポルカ、ショティッシュを作曲しています。

アナクレットの功績は、ヨーロッパ由来のこれらをブラジル化したことであり、この為後年、彼の曲は歌詞を付けられ名前を変えて普及しました。

例えば「3人の異邦人(Tres estrelinhas)」が「あなたは誰(O que tu es)」、「いとおしい気持ち(Terna saudade)」が「一回のキス(Por um beijo)」、「ベンジーニョ(Benzinho)」が「秘めた思い(Sentimento oculto)」と言う具合です。
この内ショッチの曲(Iara)は 後にカツロ・ダ・パイション・セアレンセにより歌詞を付けられ、名前を変え「心を乱して」(Rasga o Coracao)として出版され、この詩からインスピレーションを得てヴィラ=ロボスは「ショーロス第10番(Choros Numero 10 “Rasga o Coracao” 合奏付き)」を作曲しています。

この後もアナクレットは数多くのバンドを編成しました。バング繊維工場楽団( Fabrica de Tecidos Bangu)、おサル繊維工場楽団(Fabrica de Tecidos de Macacos)、ピエダージ楽団(Piedade)等です。
1896年には、マーチ・ジュビレウ(Jubileu)がリオデジャネイロでの国際博覧会の為に作曲されています。
この頃には作曲家としてまた指揮者としての名声は充分広まっており、この年にリオデジャネイロ消防隊楽団の運営を任されました。
この楽団はアナクレットの指導により大きな成功を収め、ブラジルでは初期のレコード録音をしています。
「良き時代のMPB](”Panorama da MPB na Belle Epoque” by Ary Vasconcelos)によると、当時90曲がリストにあり、また49曲が最初のレコード会社エジソン(Casa da Efison)のカタログに載っているとのことです。
またアナクレット自身、この栄誉のため1902年に共和国陸軍の上級中尉に任命されました。

作曲では、鳥の声、工場の汽笛、流しの角笛、教会の鐘の音、自動車の警笛、工場の交代の笛、すべてを利用し、指揮においては、渾身の力を篭めて、厳格に楽団員を指導しています。
そしてここからは、カラモーラ(Carramora)、カゼミロ・ロッシャ(Casemiro Rocha)、イリネウ・デ・アルメイダ(Irineu de Almeida)(ピシンギーニャの家に下宿し、ピシンギーニャの最初の先生)等が巣立っています。

ここから若干の推測を交えます。

1870年前後ショローンはダンスパーティーに呼ばれてもお金を貰っていなかったと、Almanaque do Choro(ショーロの歴史)に書かれています。
ミュージシャンたちは、ダンスホール裏の食堂で飲み食いするのが報酬であり、意気込みであったようです。
一方同じ本の記述によると、1896年のアナクレットによる消防隊楽団の成功により、各地に様々な楽団が出来、それら楽団がプレイヤーの殆ど唯一の学校であり、また同時に生活の糧を得る方法だったとあります。これにはアナクレットの曲が演奏できたこと、初期のレコード録音技術がまだ低く大音響を発する音源が必要であったことも楽団の需要を呼び起こしたようです。
想像するに、クラシック演奏家や作曲者を除いて、ポピュラー音楽の演奏家のプロ化がこの時期始まり、アナクレットが知らぬ内に、一役買っているような気がしてなりません。

1935年にその名誉を讃え、故郷のパケッタ島の一つの通りが、彼の名前に冠されました。

 

ショローンとその時代