2015年10月3日

エルネスト・ナザレ

Ernesto Nazareth
(1863~1934)

エルネスト・ナザレ

エルネスト・ナザレ

ピアニスト兼作曲家。リオデジャネイロ生まれ。ジョアキン・カラッド、シキーニャ・ゴンザガ、アナクレット・デ・メデイロスと共にショーロ創世期の4大作曲家の一人と密かに勘定に入れています。

幼児期に母親からピアノを習い母親の死後もピアノを続けました。母親もエルネストもショパン好き、それで周囲の人間が勝手に「ブラジルのショパン」と呼んでいたとか。(この「東洋のナポリ」、「日本のシャンゼリゼ」みたいな響きは正直少し恥ずかしい)

少年期を過ぎるとホーダ・デ・ショーロに通いルンドウやマシシなどのアフリカ系リズムに接していたことは確かですが本人は自分をヨーロッパ・クラシックの子弟として考えいたようです。でも当時のカルナヴァレスコ、ランショ・アメノ・レゼダ(Rancho Ameno Resedá)へ同名の曲を捧げており、市内のショローン達との交流が無いはずがありません。(当時アメノ・レセダのメンバーがピアノ演奏をしていたエルネストにグループの為に曲をお願いしたら快諾したとの記録を読んだことがありますし、1936年に出版された”オ・ショーロ”にも登場します)

リオの上流階級が集う映画館オデオンではヴィラ=ロボスも同じ楽団でチェリストとして演奏していました。
ピアノ店の実演も大きな仕事です。しかし彼の前で客が彼の曲を試そうもなら仕事(実演)の範疇を超えて厳しく指導した(!)という話が伝わっています。
当時は電気録音のレコードやラジオ放送の開始前で、未だ19世紀的文化(ブルジョアジー的嗜好)下にあり、有産階級の家にはピアノが必需品でありリオデジャネイロにもピアノや楽譜店が数多くありました。(ブラジル最初のレコード会社カーザ・エジソンでのエルネストの録音が残っています。ユーチューブにも幾つか上がっています)

エルネストの音楽についてスコット・ジョップリン(Scot Jopilin 1867-1917)や1829年にニュー・オーリンズに生まれ1869年にリオ・デ・ジャネイロに没したピアニスト、ルイス・モロー・ゴットシャルク(Louis Moreau Gottschalk)の影響も指摘されますが、第一次大戦直後アメリカ文明に影響を受けなかった大衆音楽家というのも有り得ないような気がします。

自身の曲の多くにタンゴと副題を与えまたピアノ曲は200曲を数えます。
晩年聴覚に問題が起き、また娘や妻を次々失う悲劇に見舞われました。その所為なのか精神的な安定を欠きリオ郊外の山に囲まれた療養所に収容され、そこで亡くなりました。

2017 Aug. 08 wp

 

作品

Odeon「オデオン」
Brejeiro「やくざ者」
Atlantico「大西洋」

 

参考:「Choro No Mundo Todo !」by Kyota Nakagawa

 

ショローンとその時代

error: Content is protected !!