2018年4月12日

エヴァンドロ・ド・バンドリン

エヴァンドロ・ド・バンドリン
Evandro do Bandolim
Josevandro Pires de Carvalho
19/03/1932 Joao Pessoa, PB, – 30/10/1994 Sao Paulo, SP,

 

ジョン・ペソアで生まれ、リオデジャネイロで学び、サンパウロで活動したバンドリニスト。

19世紀後半より始まったショーロという音楽スタイルを振り返ると、一度1930年代にレコードやラジオの普及やジャズなどの新しい音楽の出現により変容せざるを得なかったが、ピシンギーニャやベネジットラセルダ、ジャコー・ド・バンドリン達により「ショーロの魂」は保持し続けられました。

1960年代は混乱の時代です。学生や青少年による”革命的”大騒ぎ、つまり紅衛兵、ソルボンヌ、ヒッピー、全学連など彼ら(と一括りはできないが)の運動は世界中に伝染病のように広がり、またテレビジョンの普及は世界のニュースを直接家庭に送りこみ、同時に海外で始まった新しい音楽つまり電気楽器によって演奏されるロックは瞬く間に若者の心をとらえたのです。

ブラジルもこの世界的変動に無縁ではいられません。政治的には学生や市民の反抗に対する1964年の軍事独裁の開始がリスポンスであり、テレビ番組「イエイエ」の大人気が若者文化の変化の印でした。
ロックの持つ国際性は「ブラジル的」であるショーロの持ちえない物であり、ショーロの凋落が始まりました。

1964年軍事革命がおきた翌々年の1966年34歳のエヴァンドロはリオよりサンパウロに活動の場所を移します。ショーロという伝統が消えかかっているとき、サンパウロのボヘミアンが集まるバー”Bar Jogral”(バル・ジョグラル)でエヴァンドロは派手さがなくとも伝統的なスタイルを守ったショーロの火をともし続けました。

多くの歌手のバックで演奏するバンドリニストとしての重宝されつつも、元々13歳で名手ルペルセ・ミランダに手ほどきを受け、彼に引き連れられリオの様々なホーダに参加し、またラジオ局ツピやマイリンク・ベイガにも出演するなどショーロの盛んな時期にそのキャリアを始めています。

その風貌から、前時代的ショービジネスを忘れられない老ショローンのようにも見られそうですが、数々の逆境を乗り越えてきたミュージシャンであり、騙されてはいけません。渋みと洗練、悲しみと明るさといった正反対の物を一つを調べに乗せてしまう「ショーロの魂」がその演奏から響いてくるからです。

死後、彼の業績を称え、サンパウロ市内サンタ・イフィジェニア地区にあるの楽器店にサーラ・エヴァンドロ・ド・バンドリンが設けられ、ホーダ・デ・ショーロなどに使われています。

 

 

参考:Brasil, Flauta, Bandolim e Violao ライナーノーツ Jose Ramos Tinhorao
Evandro e Seu Regional「ショーロの調べ」ライナーノーツ 高場将美
Dicionario do Cravo Albin, Musica Popular Brasileira Evandro de Bandolim
Musico do Brasil, Uma Encyclopedia Instrumental

ショローンとその時代