作曲家列伝 

彼らの生んだショーロスタンダード







K-Ximbinho


K-Ximbinho
(Sebastiao Barros)
(1917-1980)



セバスチャンは、リオ・グランデ・ド・ノルチ(Rio Grande do Norte)州州都ナタル(Natal)の北西約50キロメーターにある古い町、タイプ(Taipu)で生まれ、そこでクラリネットを学び、町の楽団で演奏していました。
彼もブラジル人の魂の故郷ノルデスチーノ、セルタン育ちということになります。

家族がナタルに引っ越すと、ジャズバンド、パン・ジャズ(Pan Jazz)にセカンド・クラリネットとして入団できました。
ナタルで徴兵され、軍のバンドに入りましたが、ここでサキソフォンに持ち替え、そしてその為にあだ名(K-Ximbinho)がついたとの逸話が残っています。


ここで、私(貝塚)の推測です。
このあだ名 K-Ximbinhoがなぜ付いたかという問題です。
色々資料を探しましたが語源は見つかりませんでした。
唯一、このあだ名は、軍隊でサキソフォンに持ち替えたときに付いたというヒントだけが見つかりました
多分ブラジル人なら当たり前の話で、改めて説明する必要も無かったからでしょう。


さて、K-Ximbinho(カー・シンビーニョ?)は「カシンビーニョ」とも発音出来ます。
ポルトガル語には、Cachimbo(カシンボ)と言う言葉があり、タバコを吸う為の「パイプ」の意味です。
私の推論は、同じような形状のサックスをパイプに見立て、小さなという意味のinho(イーニョ)をつけて、カシンビーニョ(小さなパイプ野郎)と言うダジャレではないかということです。
このイーニョから、セバスチャン改め、K-Ximbinhoは、その頃、若かったか、小さかったとも想像できます。



閑話休題
1938年21歳の時に、パライバ州都ジョン・ペソア(joao Pessoa)で、ヒット曲「エスピーニャ・デ・バカリャウ」が有名なセルビーノ・アラウジョ (Serverino de Tabajara Araujo)と出会い、42年にリオに移るまでの間、彼の楽団所属いしていました。
この楽団でショーロとジャズに触れることが出来、演奏だけでなく編曲その他にも興味がわいたようです。

リオでは、マエストロ・フォンフォン(Orquestra do Maetro Fon-Fon)、ナポレオン・タバレス(Naploleao Tavares)の楽団と渡り歩き、タバジャラがリオデジャネイロにやってくると、再びそこに入ります。
タバジャラの楽団には49年までいましたが、46年には最初のショーロソノローゾ(Sonoroso)を録音しています。

その頃(51年-54年)、マエストロ・コエレルテール(Hans-Joachim Koellreutter)より、音楽理論を学んでいます。

彼は当時、ラジオの黄金期にブラジルの大きな楽団の多くに参加し、有名なダンスホール、サシャス(Sachas)等の有名な楽団でも吹いていました。
60年代になると、テレビ・グローボ(TV Globo)のオーケストラにも入っています。
1980年にリオデジャネイロで亡くなりました。

参考:Acari Records(Artistas),Musicos do Brasil Um enciclopedia,Clique music Musica Brasileira

貝塚

作品

「あのクラリネット」(Saudades de Um Clarinete)

ジルカ」( Gilka)


Paulo Moura

緑字はユーチューブにリンクしています。