作曲家列伝 

彼らの生んだショーロスタンダード







Luperce




Luperce Miranda (ルペルセ・ミランダ)
Luperce Bezerra Pessoa de Miranda
(1904 Recife - 1977 Rio de Janeiro)



ルペルセは、作曲家としてより、ビルトゥオーゾとしてその才能を発揮したらしく、ジョエル・ナシメントが次のように語っています。
「ルペルセの音楽は難しくて、当時の演奏者には弾くのも、聴くのも嫌がられていました。今では殆ど彼の曲は演奏されていません。」
500曲以上作曲したにもかかわらず、今日では彼の曲をコンサートはおろかCDで聴く機会すらも失われているようです。

一方で、ジャコー・ド・バンドリン協会(Fundado o Instituto Jacob do Bandolim)の顧問セルジオ・プラッタ(Sergio Prata)によると、「バンドリンは、20世紀初頭まで主に女性が演奏するものと考えられていた。ショーロのヘジオナルでは伴奏用としてのみ使われていたのを、ルペルセがこの楽器の地位を引き上げ、ソロ楽器としても認められるようになった。」とのことです。

同じバンドリニストとして、ジャコーがいます。
演奏の違いについては、「ジャコーはピュアーで情感的な音質を追求していた一方、ルペルセの音質はアグレッシブであった。」と記されています。

Jacob do Bandolim

ルペルセはペルナンブッコ州のヘシフェで生まれています。1914年生まれのジャコーと比べると、丁度10歳年長です。

家族に音楽家がおらず、自身も音楽を本業にしたことがないジャコーに比べると、ルペルセは生まれた時から死ぬまでプロのミュージシャンだったようで、父親が率いる兄弟11人の楽団が最初のバンド体験になります。


1926年に加わったコンジュント・ツルナス・ダ・マウリセイラ(Turunas da Mauriceira)が、27年にリオのオデオンで(ルペルセ抜きで)録音した20曲の内3曲(Belezas do sertao, O pequeno fiururu, a embolada Piniao)が彼の作品で、28年のカーニバルでヒットしました。

この成功に自信を付け、同じ27年中に、ルペルセはヘシフェで、ギターのメイラ等と共にボス・デ・セルタン(Voz de Sertao)を結成し、リオに渡りました。
ここでチュチ(Tute)と知り合い、"Pra frente e que se anda" 、"Alma e coracao"を録音し、大成功を収めます。

この前後からは、ラジオの時代とも重なり、ラジオ・クラブ・ブラジル(Radio Clube do Brasil)、ブエノス・アイレスのラジオ・エル・ムンド(Radio El Mundo)、リオのラジオ・マイリンキ(Radio Mayrink)、 ベイガ・ラジオ・ナショナル(Veiga Radio Nacional)等に出演し、またチュチのバンドで、当時のビッグスターだったカルメン・ミランダやフランシスコ・アルベス(Francisco Alves)の伴奏を務めました。

考えれば、この時代のショラォンの特徴<ノルデスチ(東北地方)出身、ヘジオナル結成、有名歌手の伴奏とレコード録音、ラジオ出演など>が全て揃っています。

46年に故郷のヘシフェに戻りましたが、55年にドイツへの演奏旅行に参加、その後はリオに永住して更に16枚ほどのLPを作成した後、この地で亡くなりました。

その業績に対し、映像音楽博物館(Fundacao Museu de Imagem e Musica)よりブラジル大衆音楽学士号が授与されています。

参考;Giraftatinga MPB
Musica Brasileira; Uma Enciclopedia Instrmental


貝塚正美

作品

Picadinho à baiana
Reboliço
Segura o dedo
A vida assim é melhor




緑字はユーチューブにリンクしています。