おヨネとコハル ヴェンセスラウ・デ・モラエス

おヨネとコハル ヴェンセスラウ・デ・モラエス著 岡村多希子訳 彩流社 1989年

 

モラエスの「徳島の盆踊り」(岡村多希子訳)に驚いて(彼の日本人の死生観の観察に)同じ訳者のモラエス本を探した。
死者との距離感が微妙なのは同じ。作者と訳者が同じなので「徳島~」と同じテイストで同じような感慨を持って読んだ。

コハルの末の妹イヨコが小銭を盗んでいく話はブラジルのエンプレガーダ(昔なら女中と訳したのだろうけれど)事件の少しビターな思い出が蘇ってきた。

普通、訳者は原作者の現代的再評価とか時代的重要性などを書き連ね、翻訳がいかに今こそ価値がある仕事なのかなどと弁明するのだが、岡村さんのあとがきはモラエスの感情に対して妙に冷静なのだ。
モラエスがリスボアを逃げ出さなければならなかった理由をイケナイ恋愛事件(辛くて忘れたくても忘れられない)と推測し、マカオの女性と神戸の芸者おヨネとコハルとの関係はレンアイではなく「現地妻」とあっさり呼ぶ覚悟につい引き込まれてしまった。
岡村さんを全然知らないけれど、親近感がぐっと湧いてきた。

文明国ヨーロッパから未開のアジアに逃げて来たモラエス(心はヨーロッパ、体はアジアに引き裂かれていた)にとって、おヨネとコハルと小さな妹チヨコの墓を詣でる(死者を思い出す)のがモラエスの安らぎとは、なんだかおかしくて悲しい。(面白うてやがて悲しき~は鵜飼だけれど)

 

おヨネとコハル 彩流社

フォンフォンブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です