徳島の盆踊り ヴェンセスラウ・デ・モラエス

徳島の盆踊り ヴェンセスラウ・デ・モラエス
 

愛妻ヨネの故郷である徳島に移住し、妻の名前を一切口にすることも無く、あの世とこの世が地続きである日本の風土を愛しながらも、西洋人としてはそうはいかぬとの思いもあり、また墓石と墓石の間を漂白し、死者の世界に思いを寄せるモラエス。
五十九歳。
愛おしきものは石、虫、猫。

土佐日記、枕草子、方丈記、徒然草に続くエッセイ。

千九百十四年の盆踊りから千九百十五年の盆踊りまでの1年間。何も起こらなかった。(第一次世界大戦以外は)

「ドン・キホーテ」の最後のシーンと同じ静けさがある。すべてが起こり過ぎ去った後、思い出だけが残された時間が持つ静けさだ。

 

モラエスの日本随想記 徳島の盆踊り
フォンフォンブログ

七つの夜 ホルヘ・ボルヘス


ホルヘ・ボルヘスの「七つの夜」を沖縄旅行に持って行った。

第一夜の「神曲」を読みたくて手にしたのに、ボルヘスが1946年ペロンの為に追われて去った図書館を探し出せてラッキーだった。
ラプラタ大通りとカルロス・カルボ」通りの交差点近く、ブエノスアイレス市立ミゲル・カネ図書館。リンク La biblioteca donde trabajó Borges

 

第五夜「詩」ではフェニキアの船乗りの祈祷文に驚く。

カルタゴの母よ、私は櫂を返します。
私は眠り、それからまた船を漕ぎます。

 

スペインの詩

誰がそのような幸運に
海の上で巡り合っただろうか
サン・ファンの朝
アルナルドス伯が出合ったように

まるで西脇順三郎の詩だ、、というより、西脇順三郎がギリシャ、ローマ、スペインの伝統の流れに船を漕いでいるのかもしれない。

ラオコーンのような
粋な
旅人

 

松岡正剛 ホルヘ・ボルヘス

フォンフォンブログ